アイスキュロスの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスキュロスのプロフィール

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。


憧れざる人間は、幸せになれず。


嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。


正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


ことばは怒りに病める心の医者となる。


人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。


幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。


苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。


真の悲しみは、苦しみの支え杖なり。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ