やなせたかしの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

やなせたかしのプロフィール

やなせたかし。日本の絵本作家、漫画家。代表作に『アンパンマン』。東京出身。東京朝日新聞特派員をしていた父の関係で、幼くして上海に移住。父が他界し、高知で開業医を営んでいた伯父のもとで育つ。官立旧制東京高等工芸学校図案科(のちの千葉大学工学部デザイン学科)卒業後、田辺製薬勤務を経て日中戦争に従軍。陸軍軍曹として暗号解読、宣撫工作などの任務に携わる。戦後復員し、廃品回収会社勤務を経て高知新聞に入社。その後上京し、三越宣伝部でグラフィックデザイナーをしながら漫画家として活動し始める。その後三越を退社し専業漫画家になった。数々の賞を受賞。

バイキンマンの登場によって物語のもうひとつのメッセージが生まれました。それは「共生」ということです。バイ菌は食品の敵ではあるけれど、あんパンを作るパンだって酵母菌という菌がないとつくれない。助けられている面もあるのです。つまり、敵だけれど味方、味方だけれど敵。善と悪とはいつだって、戦いながら共生しているということです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ