むらかみかずこの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

むらかみかずこのプロフィール

むらかみかずこ。東京女子大学卒業。ライターとして独立。お礼状やハガキに関しての著書が多い。著書に『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』『すぐ書ける 心がホッとやわらぐ手紙と言葉』『仕事がもっとうまくいく!ものの言い方300』『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』『一筆箋の書き方、楽しみ方』『できる大人の”一筆添える”技術』『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』など。はなまる企画代表。

人付き合いにおいて大切なのは、手間を省くことではなく「ひと手間かける」ことです。手書きのメッセージというほんのちょっとのひと手間で好印象を得られ、かけた時間や労力の何十倍、何百倍もの価値となって返ってくることもあるのです。私もたった数分の手書きの手紙を添えることで、幾度も「ありがとう」と喜んでもらえた経験があります。


昨今、企業でもペーパーレス化が進み、簡単な用件であればメールで済ませるという人は増えていると思います。だからこそ、手書きのメッセージは人の心をとらえます。取引先や社内の人と書類や荷物のやり取りをする際は、手書きでひと言、書いた手紙を添えてみましょう。


年賀状について、送る時期をあえてずらすという方法もあります。とくに企業宛の場合、年明けにはたくさんの葉書が一斉に届くので、その中に埋もれてしまって存在感が薄くなりがちです。そこで、年賀状の代わりにクリスマスカードや御用納めのご挨拶ハガキを送ると相手の印象に残ります。


お礼状などはなるべく早めに送るとインパクトが大きく相手に非常に喜ばれます。会ってから3日以内、1週間以内など、自分なりのルールを決めておくと書きやすくなると思います。


手紙に苦手意識を持っている人が紙を選ぶときは、一筆箋かハガキにしましょう。一筆箋とは、縦18センチ×横8センチほどの、短冊形の細長い便箋のことです。B5サイズの便箋と比較すると、書くスペースは5分の1ほどです。手紙の形式に則った言葉が必要ないことも気軽に書けるポイントのひとつです。


「引き受けると自分にも相手にもこういうデメリットが起こり得る」と判断できたら、勇気を出して断わりましょう。


断わるのは「悪いこと」ではないのです。安請け合いの結果、期日に間に合わない……となると、かえって相手に迷惑をかけます。この場合、「断わったほうが相手のメリットになる」とも言えるのです。ですから、何かを依頼されたときは冷静に状況を分析し、断わらねばならない理由を自分の中で言語化することが大切です。


一筆箋を書くとき気負いは禁物です。形式や作法に捉われず、おおらかに構えてOK。字を間違っても、最初から書き直す必要はありません。相手の名前や会社名を間違えてしまった場合は書き直さなければなりませんが、それ以外なら修正液で直すだけでも十分です。なぜなら相手は、「わざわざ手書きしてくれた」ということだけで十分に嬉しく思ってくれるからです。相手のためだけに手書きで思いを綴る、その気配りそのものが大事なのです。「手書きするだけで価値がある」と心得て、あとは気軽に楽しく、一筆菱のコミュニケーションを活用しましょう。


手紙を書く際は、表現をポジティブなものにするよう心がけることが大切です。気遣いのつもりで「お疲れのご様子ですね」などと書くと、相手の気持ちは沈んでしまいます。「どうぞ元気でお過ごしください」と、前向きになれる表現を選びましょう。


メールや書類が飛び交うビジネスシーン。デジタルが当たり前のコミュニケーションのなかに「手書き文字」があると、ハッと目を引くものです。手書きのひと言は人間関係に血を通わせ、コミュニケーションをスムーズにする方法だと、私は思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ