阿南惟幾の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

阿南惟幾のプロフィール

阿南惟幾、あなみ・これちか。日本の帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。第二次世界大戦終戦時の陸軍大臣。広島陸軍地方幼年学校卒業後、陸軍士官学校を経て陸軍歩兵少尉に任官。歩兵中尉、歩兵大尉を経て陸軍大学卒業。その後、参謀本部に勤務し、陸軍大将まで昇進した人物。ポツダム宣言受諾直前に自刃し他界

戦争は味方が苦しい時は敵も苦しい。もはや退却という時に、突然敵が撤退するのは、戦場では珍しくない事例である。なによりも、戦意を失わぬことが肝要である。


新着Tweet


おすすめ名言


阿南惟幾の経歴・略歴

阿南惟幾、あなみ・これちか。日本の帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。第二次世界大戦終戦時の陸軍大臣。広島陸軍地方幼年学校卒業後、陸軍士官学校を経て陸軍歩兵少尉に任官。歩兵中尉、歩兵大尉を経て陸軍大学卒業。その後、参謀本部に勤務し、陸軍大将まで昇進した人物。ポツダム宣言受諾直前に自刃し他界

ページの先頭へ