長谷川滋利の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川滋利のプロフィール

長谷川滋利、はせがわ・しげとし。日本のプロ野球選手。兵庫県出身。東洋大学附属姫路高等学校野球部時代、甲子園に3度出場。立命館大学野球部でエースとして活躍。大学卒業後、ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。その後、メジャーリーグに挑戦し、アナハイム・エンゼルス、シアトル・マリナーズなどで活躍した。

何を言っているか聞き取れないと、自信がなくなる。だから、まずはリスニングを強化しました。


意外に思えるかもしれませんが、反論する際に相手の気持ちを慮って言葉を選ぶ傾向は、日本人よりアメリカ人の方が強い。


とにかく初めは、生の英語に慣れること。そして、使えそうなフレーズを丸暗記してしまう。もう一度受験勉強をする気持ちで反復し、ある程度基礎が身につくところまでやったら、後は楽しめるように遊び感覚で英語学習に向かうといい。


立命館大学の野球部時代に、米シアトルで開催された親善試合に参加したことが、英語を本格的に始めるきっかけでした。大学でも英語の勉強はしていましたが、実践的な英語は未経験だったので、全く通じなかった。その時に、「ああ、俺ってこんなに英語ができないんだ」と痛感して。そこからですね、英語の「勉強熱」が高まっていったのは。


ビジネスの場で「揉め事を丸く収めようとする意識」は、日本人よりアメリカ人の方が強いと感じています。理由は「人の異動が激しい」ことが挙げられます。例えば、メジャーリーグの選手や監督・コーチは「今は敵だが来年は味方かも」「今はこのチームを離れるが、また戻ってくるかも」などと常に考えています。だから、揉め事は極力起こしたくないし、険悪な関係は引きずりたくないと考えます。


アメリカ人に対して上手に謝罪するコツは、迷惑をかけた理由を丁寧に説明すること。「故意ではなかった」ことを添えると効果的です。アメリカでは、「理由を言う」という意味で、言い訳はした方がいい。謝罪の言葉を言うのではなく、説明をしながら謝罪の気持ちを伝えるのがアメリカ流と言えます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ