鈴木敏文の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木敏文のプロフィール

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

「いい人」にならないためには、自分なりにこれは正しいと思う考えをしっかり持つことです。上司と考えが合わなくても、安易に妥協することなく、勇気を持って自分の考えを主張し、説得を重ねていく。


何かにしがみつかず、自分でやるべきだと思ったことは、考えの合わない上司を説得してでも挑戦し、実績を出していく。そうすれば、逆に上が下に合わせるという形に持っていくこともできるように思います。


「話が違ったから辞めます」とは意地でもいえませんでした。すべて自分の責任です。だからこそ、発展途上にあったヨーカ堂で、自分から次々改革を仕掛け、挑戦していきました。


どうやったら新しいものを生み出せるかと聞かれることがありますが、正直、新しいものを生み出そうと思っているわけではありません。ただ、世の中が変化する以上、こちらも変わらねばならない。そして、それをとことん追求すると、自然と先を行くことになる。オムニチャネルだって、お客様の利便性を追求すればこそ生まれた発想です。


現在、特命部隊が川崎市の実験店舗で、既存の概念にとらわれない未来のコンビニ像を模索する試みに挑んでいます。口出しせずに自由にやらせていますが、日販が倍増するなど、成果も出ています。


大ヒットした「金の食パン」は発売したその日にリニューアルを指示しました。金の食パンはおいしさが際立つ商品です。ただ、おいしいがゆえに飽きられる。その前によりレベルアップした商品を投入する。リニューアルは1年間で3回行なわれました。そこまでやって初めて、お客様の支持が得られるのです。


セブン-イレブン・ジャパンを立ち上げた当時、商店街の衰退は大型店のせいだと思われていましたが、実際には時代の変化、つまり売り手市場から買い手市場への変化に目を背けていたのが原因でした。


ビジネスである以上、利益を出すための努力を最大限行ないます。そして、当初は利益が出なかったとしても、利益が出るまで全力で取り組みます。


賃上げも受け取る側の心理に立った施策をすべきです。重要なのは、賃金も経済だけでなく、心理で考えなければならないということです。


給料には社員のモチベーションを高める役割がありますが、それは単に金額の問題ではない。一生懸命頑張って成果を出したのに給料が上がらなければ、モラール(士気)は下がりますが、昇給で同期より、たとえ10円でも高ければ、それは小さな差であっても、認められたことになる。重要なのは納得性です。評価の物差しが明確かどうかです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ