藤田晋の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田晋のプロフィール

藤田晋、ふじた・すすむ。日本の経営者。サイバーエージェントの創業者。福井県出身。青山学院大学経営学部卒業後、人材紹介・派遣事業の株式会社インテリジェンスに入社。その後、インテリジェンスの出資を受けサイバーエージェントを設立。同社を東証マザーズに上場させた。主な著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『ジャパニーズ・ドリーム』『藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー』『藤田晋の成長論』『渋谷ではたらく社長の成功ノート』『起業ってこうなんだ(共著)』など。

本気で考え抜いた先にこそ、素晴らしい案が出る。


何事も「考え抜きたい時」は、根本的な問題に立ち戻ることが大切。


どんな苦境も「復活の目」は必ずある。


現場にどれだけ問題意識があっても、リーダーが正しい道を見せて、仕切っていかなければ前には進めない。


世界が毎日前進し、変化を続けている以上、自分だけが安定を求めても、それは実質後退。


ビジネスでは、人と違うものを内側から生み出さないと競争力にはならない。


仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。


圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。


相手の立場になって考えて判断・行動するために必要な「想像力」。それが仕事の大きな武器になる。


ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。


「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる。


自分の「やる気」や「やりたいこと」は、自分が積極的に伝えていかないと、チャンスはつかみ取れない。受け身の姿勢ではダメ。


迷っている時点で自然ではないので、そういう時は決断しない方がいい。


誰も分からない未来の話を言い出したらきりがない。


ビジネスの世界では、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるかどうかが大切です。ですから、「好かれる人」は、やはり有利。


何かに着手したり、生み出したりするには、楽観的に考えて前に進むことが重要。


勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける。


「批評される側の人間が、批評するのは恥ずべきこと」。そのぐらいの考えを持っていた方が、いい仕事ができる。


ベテラン社員は「自分のやり方」にこだわる傾向がある。これは「新しいこと」をする時に足かせになる。


答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的。


優れた上司は、異動直後は「現場を知る」ことから始めます。未経験な仕事は自分でも試す。


素晴らしいアイデアやシステムを思いつけば新しいものが生み出せるわけではありません。実際に形にするには、地味な努力の積み重ねが必須です。


どれだけ辛い状況に陥っても、地べたに這いつくばってでも成果を出さなければいけない。


「昔」ではなく、「今」をどれだけ直視できるか。ビジネスパーソンは、現実を直視したうえで、環境に応じて自分を変えていく必要がある。


新規事業は、「とりあえずやってみよう」の精神で何よりもスピードを優先し、少ない予算と人でチームを組み、小規模でスタートした方が良い。


ネガティブな気持ちは伝染する。「やる気のなさ」が感じられる発言は、一緒に働く人たちの士気を下げる。


リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる。


耐える力は教えられて覚えるものではありません。仕事の中で幾度となくピンチを乗り越えて身につけていくもの。


希望的観測で中途半端な企画を通すと、提案者だけでなく、プロジェクトに関わったすべての人が悲惨な運命を辿ることになる。


素晴らしい企画は、その人の経験から生み出されるもの。つまり、提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある。


組織は「意思統一」が何より重要です。逆に言うと、意思統一ができなければ、単なる烏合の衆でしかない。


言葉を「拾う」ためにも読書は必要ですが、「使いこなす」ためにも読書は必要ですね。言葉を使いこなせない人は、読書量が足りない。


あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。


反骨心はとても大事。ビジネスではそれが強い競争力になる。真面目で優秀な人でも、強い反骨心を持った人に負けてしまうことが多々ある。


組織の中では、納得できない謎の評価で出世する人もいるかもしれませんが、誰もが認める「評価されている人」は皆、圧倒的な努力をしている。


一時期、あるメディアに代理店の契約を切られたことが、影響力のあるメディアをつくらなくてばと思うきっかけになりました。


アイデアの段階で中途半端に終わらせず、実現に向けて徹底的に詰めることができるかどうか。これができている会社や職場は強い。


整理のコツは、どこまで潔く捨てられるかにかかっている。


物や情報を残せば残すほど、増やせば増やすほど、大事なことを見落とすリスクが高まる。


本にビジネスの答えが載っていることはありません。本とは、適度な距離を取りながらつき合うことが大切。


優れた本は仕事の武器になり得ますが、頼るものではない。本に書いてある通りに行動して上手くいくほどビジネスは甘くない。


ありきたりな感じを受けるかもしれませんが、やはり素晴らしいものは素晴らしい。誰もが認めるだけの理由があります。


小さな事業ならともかく、会社を大きく変えたければ、経営者は決して人任せにしてはダメです。


日本で勝てないような会社が海外で勝てるわけがない。


人任せにしていては会社の文化は到底変えられない。経営者自身がフルコミットして、社員に示さなければ会社そのものが変わらない。


プロダクトの改善を重ねるのは当然ですが、どうしても途中で伸び悩む時期が出てくる。そういう時には根本的に仕組みを見直す打開策が必要です。


環境変化に取り残された企業はほとんどが消滅しています。やはりどれだけ組織の規模が大きくても、環境が変わったと感じたら真っ先に動かなければならない。僕たちにはこの10年を振り返って、環境変化に対する耐性が身についていると思います。


一昔前は社員の8割が営業担当者でしたが、今では6割近くが技術者です。約1000人の技術者を新たに採用し、構成を変えていきました。


優れた想像力には、幅広い知見や経験、物事を多角的に捉える洞察力や思考力が必要となる。


「利用者の立場で考える」ということは、自分の考えや気持ちを除いて、とことん相手の立場で考えること。


「小さな変化」を意図的に繰り返すことで、大きな変化に対する抵抗感は次第に減っていく。


変化が求められている時に、しっかり対応できる「変化に強い人」になるには、小さいなことでも構わないので、日頃から変化を楽しむ生活をするといい。


自分のことばかり考えている人は、どれだけ努力しても、小さくまとまるか行き詰まる。


ユーザーにとっては、開発の苦労話などはどうでもよく、純粋に使って「便利か」「楽しいか」「使いやすいか」などが大事。


日頃から誠実に振る舞い、公平な態度で接するリーダーの言葉こそが、チームを1つにする力を持つ。


リーダーには、部下から多くの批判を浴びても、自分の信念を貫き通す覚悟が必要。


現場経験に勝る育成方法はありません。だから、経営者人材を育てるのも、経営を実際に体験させるのが一番いいんです。


若い人でも、「まだ早い」なんてことは全然なくて、必死になって頑張れば、なんとかなるんです。逆に、成長してから社長になろうと思っていたら、いつまでたってもなれません。


スタートダッシュがとても重要です。昔は「大器晩成」という言葉がありましたが、いまは変化のスピードが速くて、晩成するまで待ってもらえませんから。


ネットビジネスは先行者メリットが大きいので、とにかく早くスタートを切ることが大切です。「わからないことはやりながら覚えていく」のが正解です。頭でっかちで身体が動かない人は、この業界には向かないかもしれません。


何かを成し遂げるためには、目標を明確にして、それを見失わないことが大切です。当たり前のようで、これができない人は多い。起業を目指していたはずが、仕事に追われ、熱意を失い、惰性の中で夢から離れてしまう。ひとえに目標に対する集中力が甘いからだと思います。


成功する確率が高い人と、何度チャンスを与えてもダメな人の違いは、結果を出すことに対する執念です。結果を出す人というのは、絶対に諦めない。そして、泥臭くても何でも、なんとか目標を達成するんです。かたや結果を出せない人は、諦めが早い。そして、「○○のせいで」「結果ばかりでなく、プロセスも見てください」などと、目標を達成できなかった言い訳をあれこれするのです。


失敗しても「×」はつけません。人は失敗経験もないとダメです。そういう経験があってナレッジ(知識)も蓄積され、成功の確率も上がっていくんです。実際、一度立ち上げたレコード会社を失敗した人が、別のオンライン・ゲーム子会社で実績をあげた例もあります。


多少実力がともなっていなくても、大きなポストに就くと、誰でもそのポストにふさわしい自分になるように努力するものです。私自身、24歳のときに経営を始めたときはひどかった(笑)。でも、四苦八苦しながら、事業計画を立て、人を使って売上を伸ばすということを必死にやっていくうちに、だんだん社長っぽくなっていったんです。


サイバーエージェントを設立したころ、インターネットに関する専門知識がなかったので、その勉強もしなければなりませんでした。営業先で知らない専門用語が出てきたら、さも知っているような顔をしながらすかさずメモ。帰社後、それを必死に勉強していました。ネットの世界は変化が激しいので、「じっくり勉強・検討してから行動」では駄目なんです。勉強・検討が終わったころには、すっかり環境が変わっていますから。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ