細川忠興の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

細川忠興のプロフィール

細川忠興、おそかわ・ただおき。戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。肥前小倉藩初代藩主。足利義昭、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、肥後細川家の基礎を築いた。茶の道にも通じ、千利休の高弟・利休七哲に数えられた。

すべてのことを一人でできる者は、百人いても一人もいないものだ。主君は、このことを心得ておくべきだ。


新着Tweet


おすすめ名言


細川忠興の経歴・略歴

細川忠興、おそかわ・ただおき。戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。肥前小倉藩初代藩主。足利義昭、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、肥後細川家の基礎を築いた。茶の道にも通じ、千利休の高弟・利休七哲に数えられた。

ページの先頭へ