「稲盛和夫」タグの記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲盛和夫のプロフィール

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

ここで生きていかざるをえないなら、これ以上、不平不満をいっても仕方ない、逆境に耐える努力をしよう。

厳しい環境が否応なく私を変えてくれ、生きる道を教えてくれた。

モチベーションを持てるよう努力するとき、自分の就いた仕事について、努めて「好き」になるのが一番いい方法。

私がそうだったように、あえて厳しい環境を見出していけば、必ず成長できるはず。

仕事は「ど」がつくくらい「ど真剣」に打ち込むべき。一度きりの人生を「ど真剣」に生き抜く真摯な姿勢があれば、どんな仕事も好きになる。

人生は、心の中で強く思ったことが原因となり、その結果が現実となって表れる。だから考える内容が大切で、その思念に悪いものを混ぜてはいけない。

俺を信じられないのは仕方がないが、辞める勇気があるなら、だまされる勇気を持ってくれないか。もし、おまえを裏切ったら俺を刺し殺していい。

よほどのことがないかぎり、部下として筋を通して一生懸命接していけば、上司もわかってくれる。

つらいことはいくらでもありましたが、歯を食いしばって頑張ってきました。

仕事でミスや失敗をしたら、反省をし、そこからまたやり直せばいい。

自分が本当に正しいと思う判断を行い、持てる能力を発揮し、常に情熱を傾ける。それが人生を成功に導く王道。

思いを強くする人に情報は集まってくる。

全従業員の参与がなければ良い経営は実現できない。

私は、会社経営の目的というものは全従業員の幸せになってもらうことにあると思っています。従業員が一生懸命働いてくれたら業績が上がり上場もできるのです。

企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。

個人の能力や才能は人類や社会に役立てるために与えられたものである。

会計が分からなければ、社長は務まりません。

経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。

ワンマン経営ではいずれ成長が止まってしまう。

事業経営においては、不誠実な人や不祥事を起こすような人はリーダーにはなりえません。リーダーはよほどしっかりした人間でなければならないのです。

企業は、改革し続けなければ現状すら維持できない。

精神主義かもしれませんが、「みんなのためなんだ」と周知徹底することは改革を進める上で何より重要です。

「もうこれでいい」と思った瞬間から、会社の没落が始まる。

我欲を満たそうとするから、慢心が起きる。

今、この瞬間が未来につながり、未来の結果を左右する。

人々を幸福にすることを働く目的にしている限り、現状に満足することはありえない。

「誰にも負けない努力」を続けない限り、大きな成果は期待できない。人並み以上の努力をせずに、大きな成功を収めるということは絶対にない。

「思う」ということは、人間のすべての行動の源となっている。経営者が何かを強く心に「思う」と、まさにそのことが実現していく。

現在は過去の努力の結果であり、将来は今後の努力で決まっていきます。だから、経営者は一瞬たりとも気を緩めてはいけない。

事業を成長させる出発点は、「何としても事業を成功させたい」という「強烈な願望を抱く」ことに尽きます。

人生において「無駄な苦労」というものは、実は一つもありません。なぜなら、苦労そのものが人間をつくっていくからです。

百年に一度という大変革期に巡り合わせたことを大変な幸運と思おうではないか。このチャンスを大事にして、成功に向けて一丸となって燃えよう。

最初から無理だと諦めてしまっては、何ごとも成功しない。

まだだ、もっとやらんかい。そんなことで満足しててどないすんねん。
【覚え書き|業績が少し上がった経営者への激励の言葉】

売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。

経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

新着Tweet

人名ランダムピックアップ

はてブ人気ページ(新着順)

ページの先頭へ