村岡恵理の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

村岡恵理のプロフィール

村岡恵理、むらかみ・えり。日本の作家。東京出身。成城大学文芸学部卒業。著書に『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』。

不満を道連れにするか、運命を味方に変えるかは、心の持ちよう。


迷いがあるからこそ、成長もあるわけですが、やりとげたい夢や目標があるなら、どうでもよいことには翻弄されないように心がけたい。


良いアイデアや言葉というのは、思いがけないときに、突然ぽっと浮かんでくる。


挨拶というのは、自分の存在を相手に示すこと以上に、心と身体を吸収性の良い状態に整えること。自分自身の「初心」のリセット・ボタン。


将来はまだ長く、これからの人生の中で、今が一番若く、可能性に溢れている。


無難にまとめたい時には「型」は心強い味方。


合わない上司の下で仕事をする経験も絶好のスキルアップの機会。


カナダの女性作家、ルーシー・モード・モンゴメリは、10代の文学修業中の頃から、興味のある出来事や近所で起こった面白い事件、折々に感じたことをノートに記していました。十数年後、小説のヒントをさがして、古いノートを読み返している時に、自分が書いたメモに無性に惹き付けられました。「農場を手伝う孤児の男の子を希望していた夫婦の家に間違って女の子が送られてきた」。言うまでもなく、このメモの一文から、その後一世紀以上にわたり読み継がれることになる「赤毛のアン」の主人公アンが誕生しています。


慣れというのは時に鈍することでもあり、初心は忘れ果ててしまうもの。年を重ねれば重ねるほど、未熟者だった頃の自分に教えられるということも意外と多いのではないでしょうか。感覚の若さを失わないためにも心の記録としてノートは役に立ちそうです。若い頃の着眼点や発想が原石だったと後になって気づくことともあるかもしれません。


パソコンでは一瞬にしてコピー&ペーストやインストールができますが、だからこそ敢えて「書く」という作業には、それ自体、背筋を伸ばして襟を正すような、心身に彫刻をするような身体感覚があり、言葉を受け売りではなく、もっと深く自分のものにするためのひとつの方法のような気がします。


ささやかでも直筆の紙にはその人の心の姿勢が映るもの。丁寧であれば、字は巧くなくても大丈夫。何度も書き直し、清書した誠意は、きっと真っ直ぐに届くことでしょう。


仕事ではパソコンを使うことが多いのですが、大切な人には手紙を書きたい。便箋や封筒、カード、一筆箋などを各種取り揃えて引き出しにしまっています。


「型」には恐らく型として残っただけの理由と歴史があり、先人たちの知恵が含まれています。守るにしても、破るにしても、まずは敬意を表し、わきまえるにこしたことはありません。その上で状況に応じてアレンジする部分に、さりげなくその人らしさ、個性やセンスを発揮していきたいものです。


もし、ネガティブの深みにずるずるとはまって抜け出せない場合には、精神や身体の疲労から、自律神経が支障をきたしているサインかもしれません。そういう時は自分を責めたり、無理して頑張ろうとするのは逆効果。できるだけ心身を休ませることが先決です。


私自身にもいくつかの曲がり角があった。むしろ自分の思い通りにならないことのほうが多かった。ただそんな場合でも、アンや祖母・花子の言葉に支えられ、その先にあるものを信じることができた。


人生には曲がり角がある。そしてどうにも曲がらざるを得ないこともある。状況を受け入れ、その場所で精一杯自分を生かそうと発想を転換した瞬間、新しい希望が生まれ、思いがけない美しい景色が広がる。素晴らしい出会いを引き寄せることもできる。


夢見たものから遠ざかったり、時には理不尽な立場に追いやられることもあるかもしれない。でも、理想を失わず、勇気を持って進んでほしい。乗り越えた先には、ひとまわり成長した自分がいる。きっと、この道で良かったと思える日が来ることだろう。


どうしても好きになれない、あるいは好かれていないと感じる上司の下では、仕事のモチベーションを失ってしまいがちですが、そこで腐っては、一番損をするのはあなた自身。どんなにスキルがあっても、やる気のない人から発せられる空気ほど職場に悪影響を及ぼすものはありません。


部下と上司もひとつの出会い。良きにつけ、悪しきにつけ、部下にとってはその出会いが、将来こんな上司になりたい、あんな上司にはなりたくないというイメージの基点となります。


雑談は巧くなくてもいい。些細な会話にこそ誠意を込めて、相手の言葉をしっかりお腹に落とし、またお腹から言葉を返す。目を見ることや笑顔は大事でしょう。もちろん丁寧な言葉遣いであるに越したことはありません。


話し下手の人は、下手は下手なりの長所を生かした伝え方を模索したほうが有益ではないでしょうか。下手なりの長所というのは、素朴さや不器用さから伝わる真面目さ、誠実さ。何よりも信頼できる人間であるという証です。表面的な会話術を習得する代わりにこれらの美点を失うとしたら、とても大きな損失です。


仕事というのは、どんな仕事であれ、人間関係の上に成り立っています。本来は人と接するのが苦手、ひとりで好きなことに没頭していたいタイプだったとしても、ビジネスパーソンである以上、そうも言っていられません。


私たちは考えすぎたり、迷ったり、こだわっているうちに、いつのまにか頭も身体も停滞してしまうことがあります。わだかまった感情の流れを、自らの意志で断つ。次なる行動に向けて。「思い切る」とは、言わば心の断捨離です。


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ