朝倉義景の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝倉義景のプロフィール

朝倉義景、あさくら・よしかげ。室町時代末期から戦国時代の戦国武将。越前朝倉家11代目当主。朝倉家最後の当主。織田信長に攻め滅ぼされた。

勝つべき合戦、取るべき城、攻めの時を選び、方角を考え、時日を移すことはなはだ口惜しく候。いかに良き日なるとて、大風に船をだし、大勢に一人向かわばその甲斐なかるべく候。【覚書き|当時、戦前に占いや風水で日時や攻め込む方角を決めていた。その風潮に異を唱えた言葉。どんな吉日でも、状況が悪化しているのであれば意味がなく、タイミングを計って攻め込んだ方が勝つ確率がずっと高くなるという意味】


新着Tweet


おすすめ名言


朝倉義景の経歴・略歴

朝倉義景、あさくら・よしかげ。室町時代末期から戦国時代の戦国武将。越前朝倉家11代目当主。朝倉家最後の当主。織田信長に攻め滅ぼされた。

ページの先頭へ