島村琢哉の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

島村琢哉のプロフィール

島村琢哉、しまむら・たくや。日本の経営者。「旭硝子」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、旭硝子に入社。アサヒマスケミカル社長、本社執行役員化学品カンパニープレジデント、常務執行役員電子カンパニープレジデントなどを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。そのほか新化学技術推進協会代表を務めた。

結局、自分たちの「原点」、「強み」は何なのかを考えることが全てだ。それを認識していれば、どんな環境変化にも対応できる。


大事なのは、原点が何かを分かっているか、そして、原点に戻る勇気を持てるか。


常識を踏襲しても上手くいかない場合は、原点に戻って考えるべき。


強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。


新分野に進出するようなとっぴな買収はやらない。あくまで今あるコア事業を地道に伸ばしていく。既に3000億円を超える買収案件のリストはできている。


重要なことは、アフターケアの体制を整えていくことと、成長市場を押さえること。


新着Tweet


おすすめ名言


島村琢哉の経歴・略歴

島村琢哉、しまむら・たくや。日本の経営者。「旭硝子」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、旭硝子に入社。アサヒマスケミカル社長、本社執行役員化学品カンパニープレジデント、常務執行役員電子カンパニープレジデントなどを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。そのほか新化学技術推進協会代表を務めた。

ページの先頭へ