山下淳一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山下淳一郎のプロフィール

山下淳一郎、やました・じゅんいちろう。日本の経営コンサルタント。「トップマネジメント」社長。東京出身。中央大学卒業後、外資系コンサルティング会社を経てトップマネジメントを設立。

経営者に経営指導は必要ありません。なぜなら、その会社にふさわしい経営は、その会社の経営者が一番分かっているからです。


共通理解による協力関係があってこそ、会社は組織として動き出す。


すでにいる人材をどれだけ生かせるかで組織の成果は決まる。


経営とは、「知る」ことではなく、「行う」こと。重要なのは「理論」ではなく、「成果を上げる」こと。


経営者は、考えることが労働であり、成果を上げることが仕事。何を考えるかで結果は決まる。


部分最適化の足し算は、全体最適にはなり得ない。


どんなに良い理念を掲げていても、経済的成果をあげられなければ、経営者は失敗に終わる。


私は、人と組織が持つ強みを引き出すため、最小限の労力で最大の成果を生み出すための最も必要なことを焦点化します。


経営陣は、「異なる責任を担う一人一人の集まり」ではなく、チームなのです。経営会議という場で話し合いを通して、チームとしての経営陣がつくられていきます。


人名ランダムピックアップ


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ