小山田隆(銀行家)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小山田隆(銀行家)のプロフィール

小山田隆、おやまだ・たかし。日本の銀行家。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。恵比寿支社長、執行役員企画部長、常務執行役員、専務執行役員営業第一本部長、副頭取などを経て頭取に就任。

やってみなければ分からないことが多いなら、まずやってみよう。


7割失敗してもいい。成功確率3割を目指せ。新しい、ビジネスは、トライ&エラーを繰り返さない限り、生まれてこない。


危機のときこそ次の成長への礎が築ける。


世界経済の急激な環境変化は、これまでよりも短い時間軸で起こるでしょう。さらに改革のスピードを上げていかなければ、対応できない。


フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。


「イノベーション・ラボ」という組織を設けた。外部のアイデアを取り入れるオープンイノベーションの手法を用いていく。


貸し出しを通じた円滑な資金供給は当然として、経営者やご家族の資産運用など金融サービスに対する多様な需要にどれだけお応えできるかも重要なポイントです。


何でも、決断するときも、タイミングが重要。


合気道は、争うよりは相手の力を上手く活用しながら、制していくものです。大事なのは「気」を読む、あるいは相手の「気」をこちらに合わせる、マネージすることが極めて重要。


公的資金が導入された状態からの脱却、金融規制が強化されていく中でどう対応していくかを模索した時期は厳しかったですね。今となっては、その経験を今後に生かすことができるととらえています。


現在、仕事上のルールやプロセス、手続きを簡素化する「働き方改革」を推進している。行員が新しいアイデアを考えるための時間をつくり出すことが必要だ。


新着Tweet


おすすめ名言


小山田隆(銀行家)の経歴・略歴

小山田隆、おやまだ・たかし。日本の銀行家。「三菱東京UFJ銀行」頭取。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。恵比寿支社長、執行役員企画部長、常務執行役員、専務執行役員営業第一本部長、副頭取などを経て頭取に就任。

ページの先頭へ