安藤文男の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤文男のプロフィール

安藤文男、あんどう・ふみお。日本の経営者。「アイエックス・ナレッジ」社長。神奈川県出身。関東学院大学経済学部卒業後、アイエックスに入社。同社取締役、米国駐在、常務取締役、副社長、社長、アイエックス・ナレッジ副社長などを経て社長に就任。

説明する時はこちらもきちんとした説明ができないといけないし、こちらが怒るにしても怒り方や言い方には注意するようにしています。


伸びる人は基本は元気で明るい人ですね。そして、怒られてもへこたれずに努力ができる人。


当社はエンジニアで発祥した会社ですから、やはり技術を磨くことが第一で、創業の原点を忘れずにいこうと思います。


現場でいろいろなことが起きているのであって、現場を見ないと問題点が整理されないし、お客様の声も本社まで届いてこない。


ビジネスモデルにばかり振り回されてはいけない。


技術さえあれば商売になった時代から、今ではお客様のビジネスから理解しなければ、市場から評価されない時代に変わってきた。


「商い」はお客様あってのこと。お客様から「美味しかった」と言ってもらえたり、感謝の言葉を言ってもらえることが商いの基本として大事なこと。


会社の基本は人ですから、人の良さをできるだけ引き出してあげるような仕組みをつくっていきたい。


優秀なエンジニアを育てるのは労力も時間もかかるわけで、教育方法を含めて根気よく人材を育てていきたい。


やはり商いは、お客様あってのこと。


実家は和菓子屋を営んでいました。家族でお店を経営する家庭で育ちましたから、人生においても商売を基本とする考えを持っていました。幼少期の私が母の家族を見ていて思ったのは、「商売は継続することが大事だ」という気持ちをきょうだい6人が共有していたのではないかということです。祖母の言ったことと同じようなことを、きょうだい1人ひとりが言っていたからです。


基本的な技術力を習得して初めて、その上の業務系システムや金融系のシステム、更にはプラットフォームのような基盤システムに入っていけるのだと思うんです。そこから何を選ぶかは人それぞれ好みや嗜好があるでしょうから、まずは基本的な技術力を習得して欲しいと言っています。


お客様のITを担うのは一人ひとりのエンジニア、すなわち「人」であります。当社が今後も成長していくために、最も大事なことは「人づくり」です。


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ