安藤勝己の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤勝己のプロフィール

安藤勝己、あんどう・かつみ。日本の競馬騎手、競馬評論家。愛知県出身。騎手の兄・光彰の影響を受け競馬騎手の道に入る。「アンカツ」の名で親しまれ、「カラスが鳴かない日はあっても、アンカツが勝たない日はない」と言われた。通算6593戦1111勝。

何かを感じるとしたら、騎手を引退した後かなあ。辞めたときに、ダービーのすごさ、自分が勝ったことの重さを思い出すんじゃないだろうか。


新着Tweet


おすすめ名言


安藤勝己の経歴・略歴

安藤勝己、あんどう・かつみ。日本の競馬騎手、競馬評論家。愛知県出身。騎手の兄・光彰の影響を受け競馬騎手の道に入る。「アンカツ」の名で親しまれ、「カラスが鳴かない日はあっても、アンカツが勝たない日はない」と言われた。通算6593戦1111勝。

ページの先頭へ