古今亭志ん生(5代目)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

古今亭志ん生(5代目)のプロフィール

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい。同じくらいだなと思ったら、かなり上。うまいなあと感じたら、とてつもなく先へ行っている。


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ