前田利常の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

前田利常のプロフィール

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

そなたたちが、私の鼻毛が伸びたのを心苦しく思い、また世間でも鼻毛の伸びたうつけ者と嘲笑っているのは重々承知しておる。しかし、利口さを下手に鼻の先にあらわしてしまえば、他人は警戒して、思わぬ疑いや難儀を受けるともかぎらない。こうやって馬鹿のフリをしているからこそ、加賀、能登、越中の三カ国を保ち、領民ともども楽しく過ごせるのではないか。
【覚書き|前田利常は鼻毛を異様に伸ばすことで知られていた。上記は「だらしないので鼻毛をお切りください」と家臣たちがたしなめたときの返答】


新着Tweet


おすすめ名言


前田利常の経歴・略歴

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

ページの先頭へ