内山俊弘の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

内山俊弘のプロフィール

内山俊弘、うちやま・としひろ。日本の経営者。「日本精工(NSK)」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本精工に入社。米州副総支配人、経営企画本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

過大な期待はせず、現実を踏まえた上で、必要性を突き詰める。アライアンスに限りませんが、中途半端なことはやりたくないですね。


目先のことだけ考えていたら、後でしっぺ返しを受ける。


甘い考えは持ってはいけない。


アライアンスは双方の冷徹な戦略に基づいた、限られた期間の暫定的な事業の形でしかありません。最終的に自分で引き取るのか、相手に渡してしまうのか。アライアンスがうまくいった時だけでなく、失敗した時も想定しなければいけません。


私は非常に短い間に会社をつくって、墓場まで見送った経験があるんですよ。米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の部品メーカー、デルファイとのブラジルでの合弁事業です。1999年にNSKの工場の一部を貸して生産を始めたんですが、その前の契約交渉から2002年の合弁解消まで携わりました。この間に、多くのことを学びました。


新着Tweet


おすすめ名言


内山俊弘の経歴・略歴

内山俊弘、うちやま・としひろ。日本の経営者。「日本精工(NSK)」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本精工に入社。米州副総支配人、経営企画本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

ページの先頭へ