佐藤等の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤等のプロフィール

佐藤等、さとう・ひとし。日本の公認会計士、税理士。「佐藤等公認会計士事務所」所長。北海道出身。小樽商科大学商学部商学科卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了。佐藤等公認会計士事務所を設立。そのほか、ドラッカー学会理事を務めた。著書に『ドラッカーを読んだら会社が変わった!』。

組織の中で働く個人が成長し、成果を上げなくては、組織がダメになる。ダメな組織ばかりが増えれば、社会がダメになる。ダメな社会は、そこに暮らす人々を確実に不幸にする。


特に知識労働者は、1時間で5本の平凡な企画書を書くより、2時間かかっても1本の優れた企画書を言いた人が評価される。強みが生きる仕事を見定め、ピンポイントで大量の時間を集中投下するスキルが必要だ。


「やめる」「任せる」「組織的な問題を見直す」の3つの視点で業務を整理することは、自分がなすべき大事なこととは何なのかを見直すことにもつながる。私は毎年元日に、「今年は何をやめようか」と必死になって考える。


時間の使い方に関して、記憶は全く当てにならない。リアルタイムで細かく書き留めて、初めて現実が見える。私が初めて記録をとったとき、メールを書くのに業務時間の1割を費やしていると知り、ショックを受けた。


肉体労働なら「1時間で何個運ぶか」、つまり時間効率を問われる。これに対して知的労働で問われるのは「1時間で何を生み出すか」。平凡な企画の数を競っても意味はない。卓越した1本の企画を生み出すことが求められる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ