佐藤秀樹(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤秀樹(経営者)のプロフィール

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

自分たちがやっていることが社会に役立っている、社会的に意義があると感じることができるのは素晴らしいこと。


私たちのベクトルとお客さまのベクトルが一致している。実はここが重要なポイント。


良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。


独立系ゆえに親会社の動向に左右されることがなく、運用業務に専念することができます。お客さまの大切な資金をお預かりして運用している我々にとって、独立系であることはとても魅力的かつ重要なことです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ