佐渡島庸平の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐渡島庸平のプロフィール

佐渡島庸平、さどじま・ようへい。日本の作家エージェント、編集者。中学時代を南アフリカ共和国で過ごす。その後帰国し、灘高校を経て東京大学文学部に入学。卒業後、講談社に入社。『モーニング』誌の編集者として『バガボンド』『さくらん』『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』などの作品に携わる。漫画だけではなく小説の編集も担当したのち独立。作家エージェント会社コルクを創業。

やりたくない仕事をしないためには、やりたい仕事を自分で作ることが肝心。


仕事は与えられるものではなく、自分で生み出した方が、仮にもっと忙しくなったとしても楽しく働ける。


みんな天才というと、努力なしですごいものを創れる人だと思っているんですが、いきなり天才的なアイデアが出てくるわけじゃないんですよ。天才といわれる人は、思いついたアイデアを改善していく回数が誰よりも多い。締め切りが迫っている中でも、井上(雄彦)さんはギリギリまで粘って頑張る。そういう心の持ちようがプロとしてすごい。
【覚書き:漫画『バガボンド』の編集に携わった当時を振り返っての発言】


僕が独立してやりたいのは、天才たちとともに、「時代と国境を超えるような作品」をこの世に送り出すこと。だからダイエットや英語などその時々のブーム本といったものは、僕らの会社が目指すものから最も離れたところにあるんです。僕らは、10年後にも20年後にも、テーマになりうるものだけを追っていきます。


天才たちは、とにかく人を信頼する力が強く、肩書で人を判断しない。僕は、1年目のときから、三田紀房さんに対し「こんなふうに絵を描いてください」と次々にリクエストをしていったんです。でも、三田さんは嫌な顔ひとつせず、「おまえがそうやって努力しているなら、全部協力してあげる」と言って、100%支援する態度を取ってくれました。きっと自分がしっかりしているから、人を信頼できるんだと思います。


野球の選手も一番初めにどの球団に入って、どんな練習をするかがすごく大事じゃないですか。それと同じで、最初に井上雄彦さんと仕事をして、マンガを創るのにどれほど工夫と努力をしているのかがわかったのは、すごいメリットだったと思います。


どんなビジネスでも、質が高いのに売れないことはあると思う。ただ、自分が面白いと感じたら、売るために最大限の努力をすべき。


とにかく真剣な気持ちを持つことが大事。そうすれば会っていない時でも、「作家さんは何をしているかな」「この資料が役に立つかもしれないな」と自然に考える。絶えず気にかけていると、間柄がより親密になります。だから、一緒に仕事をしている時と同じくらい、顔を合わせていない時も重要です。


『宇宙兄弟』は単行本の3巻くらいまでは売り上げが伸び悩んでいました。宇宙というテーマが難しいと思われたのか、女性読者が少なかったんです。そこで約400軒の美容室に単行本を無料で配りました。「美容師の休憩室に置いてください」という手紙を添えてね。美容師は仕事中にお客さんと話しますから、その会話で作品を薦めてくれたらいいなと考えたんです。結果、アンケート調査で「美容室で薦められた」という声が目立つようになり、売り上げを伸ばせました。


新人時代に、先輩から「人気作家が、10年後にどうなっているかは分からない。浮き沈みの激しい世界だから、売れる時にたくさん売って、稼ぐことをサポートすべき」と教えられました。納得しましたね。質の高い作品を目指して努力し続ける作家を見ると、「売ることに協力したい」と強く思います。


僕は漫画家に最も重要な能力は、「観察力」だと思う。持っているかどうかが、作品にはっきりと影響する。例えば、漫画に「銃」が出てくるとします。観察力がない新人は、頭の中のイメージを頼りに、銃「らしきもの」をさらっと描いてしまう。でも観察力がある作家ほど慎重に描く。「銃」の写真をたくさん観察してから、緻密に描き込んでいく。そうした愚直な作業をおろそかにしない作家が一流になっていくんだと思います。


漫画家は世間の人が思う以上に厳しい職業。朝早くから深夜まで、作品にずっとかかりっきりです。苦しくても、自分の心に鞭を打ち、作品のレベルを上げていける。それが天才たるゆえんだと思います。


新人作家でも、アイデアのレベルが高く、「最高」と評価される漫画を1話なら書けるかもしれない。でも、天才は違う。その「最高」に満足せずに、もっと上、もっと上の「最高」を次々とクリアしていく。


ずっと、天才は「すごいアイデアがいきなり思いつく人」だと思っていました。でも2人とのつき合いを深めていくうちに、「ブラッシュアップがうまい人」に定義が変わりましたね。
【覚え書き|編集者として井上雄彦、安野モヨコを担当した当時を振り返っての発言】


ある時、気づいたんです。相手から見れば、「編集者」に1年目もベテランも関係ないと。僕たちがレストランで食事をする時に「この料理はアルバイトが作ったのか、経験豊富なシェフが作ったのか」と気にしないのと同じですよ。おいしければいいんですから。言い方を変えると、仕事である以上、「まだ1年目なので、多少のミスや未熟さは大目に見てもらえる」というのは自分への甘えです。だから、その分、僕も大物作家に対して自由に意見を伝えていました。すごいのは、大物であればあるほど、新人の僕の声にきちんと耳を傾けてくれたことですね。


私が通っていた南アフリカの日本人学校には10人ほどの同級生がいて、そのうちの1人も灘高から東大へと進みましたが、彼が使った教材もほぼ教科書だけですからね。結局、学力を高めるには基礎をみっちりとやることが最も重要なんですよ。ちなみに、「ドラゴン桜」の世界観にはこの時の経験を生かしています。


人々は日常の忙しさに流され、重大な変化に気づかない。電子書籍など、インターネットによる大きな変化の波が来ているのに、原稿の締め切りや校正などに追われて、現在の出版業界で起きていることがきちんと見えていないと思う。


父の仕事の都合で、中学1年から中学3年の夏までをヨハネスブルクで暮らしました。わずか2年半の期間ですが、人生観や仕事に対する価値観など、人間のベースとなる部分は、この時期に形成されたと言ってもいいほどです。


歌や小説、映画など、フィクションによるカルチャーの影響力はとても大きい。中には、現実と混同させてしまうくらいの力を持った作品だってありますからね。


僕にはやりたいことがたくさんあります。出版不況のなかで、才能ある新人たちが未来に希望を感じるしくみを作っていくこともそのひとつ。僕にはこうしたゴールしか見えていません。ですから、ゴールにたどり着く過程で、ときに土下座をするとしても、ときには強硬な態度をとって反感を買うことになったとしても、かまいません。ゴールを見据えれば、手段としての行動についてはこだわりやプライドがなくなります。


私は相手のことをよく知って、相手の価値観を尊重するのですが、自分を偽ることはしません。自分を抑えつけて仕事をしても楽しくないでしょう。楽しくない仕事だと、どうしても注ぎ込むエネルギー量が減ってしまって、良い結果が出なくなります。


結局、仕事は相性だと思います。なんでも話してしまう僕の姿勢を「生意気だ」と感じる人もいれば、「話が早くて仕事がしやすい」と感じる人もいます。それは人によってまったく違う。ですから、一回会っただけで終わってしまった作家もたくさんいますよ。僕のしゃべり方が気に入らなかったり、僕の調べてきたことが頓珍漢だったりすると会話が弾みません。すると2回目はないし、一緒に仕事をすることもありません。今、僕と仕事をしている人たちは、相性が良い人たちだということです。


実は、作家との関係はすごく築きやすいんです。というのも、作家がどういう人間かは、作品に書いてあるからです。漫画でも小説でも、作品には作家の価値観が描かれています。たとえば、主人公が誰かを信頼した場面があれば、「こういうふうにされると信頼する人なんだな」とわかります。どう接すればいいのか、答えが書いてあるのです。


言葉遣いでへりくだって、態度でへりくだって、座る場所でへりくだって……というのは大切なことではないと思います。会う前に相手に興味を持って、相手の価値観を読み解き、そのうえで話す。それが相手に伝わるマナーです。


よく「スパイは公開情報から重要な情報を得る」と言うように、ほとんどの情報はオープンになっているもの。たとえば企業のホームページには営業マンとして相手先の企業に対してどのように振る舞えばいいのか、企業理念や事業計画という形で答えが書いてあるのです。最近では、商談相手がフェイスブックなどで自分の情報を公開していることも多いでしょう。このように公開されている相手の情報をちゃんと調べ、活かすことが大切です。


ほとんどの編集者は、「私はこういう人間です。私と仕事をしませんか?」という態度で作家にアプローチしてしまいます。僕は、編集者には個性なんかいらない、徹底的に作家に合わせて、没個性に徹するべきだと思っています。そこまでやる編集者はあまりいないので、逆に、僕が個性的な編集者に見えてしまうところがあるのかもしれません。


僕は誰かをコントロールしようと思いません。もちろん、相手が期待どおりに動いてくれればいいな、と望みはしますが、それとコントロールしようとすることとは違います。


ビジネスでは、情報をコントロールしようとする人が多いですよね。クライアントに情報をすべて伝えないで判断させるとか。情報をコントロールすることによって、商談を自分の望んでいる結論に持っていこうとするわけです。僕は、情報のコントロールに労力を使うよりも、全部話したうえで相手と同じ結論になったほうが良いと考えています。そもそも、相手とコミュニケーションがよくとれていたら、お互いにとって良い判断をするはずだから、自ずと同じ結論になるはずでしょう。


作家であろうと、それ以外の人であろうと、人間同士としてつき合うという意味では同じです。心がけているのは、良いことがあったらすぐ連絡、悪いことがあったらすぐ連絡、というように情報を隠さないことです。


全員と相性が良いということはあり得ない以上、万人に通用するマナーもないと思いますね。だから、あえて気を遣いすぎないようにはしています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ