中野裕哲の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中野裕哲のプロフィール

中野裕哲、なかの・ひろあき。日本の起業コンサルタント。著書に『図解 知識ゼロからはじめる起業の本』『失敗しない! フリーで個人で力強く独立できる本』『集客・マーケティングから会社設立、資金調達まで 起業の疑問と不安がなくなる本』。

どんなビジネスも「三年一昔」の感覚で見直す必要がある。


値引きを考えるより、付加価値を上げることを考えるべき。例えば、その商品を使えば悩みごとが解決できるターゲットを考えてアピールするなどです。


起業するには「カネ」が必要です。まずは、起業全体でいくらかかるのかをきっちりと計算してみましょう。起業全体でかかるお金がわかったら、自己資金はどのくらい用意できるかを検討しましょう。また、自己資金で足りない分は、創業融資を借りるのがセオリーです。資金が足りない場合は、事業規模の縮小も要検討です。


苦労してやっと独立できた起業家ほど、起業そのものがひとつのゴールに思えてしまいます。例えば、長年修業してやっと自分のレストランが持てたというようなケースが代表例です。そんな時に陥りがちなのが、初期投資にお金を掛けすぎてしまうこと。初めて持つ自分のお店ということもあり、身の丈以上の家賃の物件を契約したり、豪華なデザインに目がくらみ、高額な内装工事を依頼してしまったり。ただ、必ず、一度立ち止まって考えてください。その初期投資は本当に回収できる金額ですか? それがなければ営業に差し支えるものですか? ここで判断を誤り、苦しんでいる起業家をたくさん見てきました。後で大変な思いをしないように、じっくりと検討しましょう。


起業して経営が安定するまでの最大の難所は、1~2年目。安定した売り上げ入金がないにも関わらず、毎月の固定費は流出し続けるこの時期。不毛な荒野が広がる谷に例えて、起業支援の世界では、デスバレーともいわれます。ここで資金が底を尽き、倒れてしまう起業家のなんと多いことか。そのほとんどは、楽観的な売り上げ予測、キャッシュフロー予測がもたらす弊害です。


お金の失敗で一番多いのは、創業融資の失敗です。ここでつまずいて創業資金が足りなくなり、起業そのものが頓挫してしまう失敗ケースが後を絶ちません。これを避けるためには、創業融資の審査基準を知っておくこと、審査基準を満たすように行動すること、が大切です。


「楽天で1位」など、わかりやすくクチコミに乗りやすい称号を得ることが、ブランディングの方程式です。そのためには何とかして楽天で1位になる必要がありますが。


自己資金があっても、借りられるだけ借りておくことも大切。いざ資金繰りがつかない時に取り崩せばいい。また、借り入れはきちんと返済すれば金融機関の信用につながり、次に資金が必要になった時に借りやすくなる効果もあります。


集客力のあるサイトは、ABテストといって、2案のキャッチコピーを交互に掲載して反響のいいほうを採用するといった小まめな改善をしています。


起業する前に最悪のケースを想定するといいでしょう。例えば、300万円借り入れて失敗し200万円の債務が残ったとします。「乗用車1台分」と思えば、怖さは薄らぐのではないでしょうか。


融資審査ではどれだけ本人が自己資金をためているかがチェックされます。「ためられる人が返せる人」だからです。少しでも独立の可能性があるのなら、会社員時代から定期積金をすべきでしょう。


人名ランダムピックアップ


新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ