ヘルマン・ヘッセの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルマン・ヘッセのプロフィール

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。


新着Tweet


おすすめ名言


ヘルマン・ヘッセの経歴・略歴

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

ページの先頭へ