ビル・トッテンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル・トッテンのプロフィール

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

顧客のニーズに応えながら正直に仕事をしていれば、強い信頼関係が生まれ、息の長い取引をしてもらえるようになります。


実践しなければ、学んだことは生かされません。


顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


企業理念は当初こそ、トップダウンで叩き台は作りましたが、創業メンバーで何度も話し合い、社員からも取り入れるべき意見は取り入れて、修正していきました。今でも数年ごとに、変えるべきところは変えています。社員の提言で変更した部分も多い。


お客様を大事にしなければ、お客様にそっぽを向かれて社員が損をする。社員を大事にしなければ、社員がお客様を大事にしてくれない。協力会社をないがしろにすれば、いい製品を供給してくれない。そうなると巡り回って、お客様に満足していただけない。このように、すべてはつながっている。


僕や現社長の考えだけではなく、社員全体のアイデアで会社が動いています。私も、現社長も、リーダーというよりは指揮者に近いかもしれない。リーダーの会社ではなく、みんなの会社だと思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ