スタンリー・キューブリックの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンリー・キューブリックのプロフィール

スタンリー・キューブリック。アメリカの映画監督、脚本家。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ中退後、ジャズドラマー、カメラマンを経て映画監督になる。その後、多くの名作を生み出した。主な作品に『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』ほか。

芸術家は作品の芸術性にだけ責任を持てばいい。
【覚え書き|映画『時計仕掛けのオレンジ』は犯罪を助長するのではないかと問われての発言】


新着Tweet


おすすめ名言


スタンリー・キューブリックの経歴・略歴

スタンリー・キューブリック。アメリカの映画監督、脚本家。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ中退後、ジャズドラマー、カメラマンを経て映画監督になる。その後、多くの名作を生み出した。主な作品に『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』ほか。

ページの先頭へ