お金の名言格言一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の仕組みについて知っているのと知らないのとでは全然違う。

お金と言う存在も社会的な信頼というもので成りたっています。それだけにお金も信頼できる人のところに集まるのだといえます。

貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。

いい借金とは、「利息よりも大きな価値を将来的に得られる可能性が高い」そんな出費に関する借金です。
悪い借金とは、「将来的な価値を生み出さない、ただ目の前の欲求を満たすためだけ」の借金です。

節約は不必要な費用を回避する科学であり、慎重に私たちの財産を管理する技術である。

自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る。卵を抱いているのはいいことだ。塵も積もれば山となる。光り輝くものすべてが金ではない。

富は手段であり、その目的は人間である。物質的な富は、人間の向上のために用いられなければ意味がないと言ってよい。

節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。

膨らんだ財布は、心を軽やかにする。

富を得る方法は3つしかない。勤労と嘆願と窃盗である。だから、あまりにも多くの富が乞食や泥棒の手に渡っている。

人間は、金を貸すことを断ることによって友人を失わず、金を貸すことによってたやすく友人を失う。

いま持っている財産は、これから起こるかもしれない害悪と災害に対する防壁とみなすべきであり、世の快楽を手に入れる許可証とみなすべきではない。

僕が小学三年生のころ、近所に廃品回収で生活している夫婦が引っ越してきました。彼らは粗末なプレハブ小屋のようなところで10年以上生活していたんですが、ある日突然、ごみの山だったところに総ヒノキの二階建ての家が建ったんです。僕にとっては大変な出来事でした。逆に考えると、そういう生活を10年以上続ければ、あなたにも家を建てられる可能性があるということです。

お金は基本的に出ていくものですから、どうしてお金が貯まらないんだろうという程度の疑問しか出てこない人には絶対お金を貯めることはできません。お金を貯めるという行為は、無理をしなければできません。もっと極端な言い方をすれば、己の体を削ってでもお金を貯めるという意識がなければ駄目なのです。
僕があなたにこういうことが言えるのも、何より僕がお金を貯められなかった人間だからです。

人々の中で最も金持ちなのは倹約家であり、最も貧乏なのは守銭奴である。

貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。

金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。金を借りると、倹約の心が鈍ってしまう。

財産は火のようなものである。非常に有能な従僕であるかと思えば、一番恐ろしい主人でもある。

あなたが欲しいと思うものを買ってはいけない。あなたが必要とするものを買うようにしなさい。贅沢と欲望。これらの疫病は、あらゆる国家を破滅させるものなり。

君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。

借金と金貸しに依存する家庭生活には、自由もなければ美しさもない。

金銭は君主の中の君主である。

浪費とは、貧者が物惜しみしないことを言う。

先日、ある雑誌でお金にまつわるアンケートを取ったのですが、その中で興味深い結果がありました。「もし出費を削らなければいけないとしたら、どの費用から削りますか?」という質問に対し、貯金がない人とある人で明確な差が出ました。貯金がない人は、食費や小遣いなどの「やりくり費」を上位に挙げているのに対し、貯金がある人は通信費や保険などの「固定費」を上位に挙げていたのです。ムダ遣いを減らしたい時に、いの一番に見直すべきなのは「固定費」です。なぜなら、見直しの効果が大きいから。一回の見直しで、月々の支払いが数千円下がることは珍しくありませんし、削減効果は継続的に続きます。

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ