希望の名言格言一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に将来へのビジョンを描いておけ。それが人々に希望を植え付ける。

コーチングの概念を日本に広めた立役者で、PHP研究所顧問の星雄一さんという人がいます。星さんは同社で専務になるまで計9回部署を変わりましたが、希望が通ったのは最初の営業配属だけだったそうです。会社の命令だから文句を言っても仕方ない。星さんは与えられえた仕事をこなし、新しい部署で毎回成果をあげて最年少で役員に昇進しました。

私は、この会社を社員と地域にとって理想郷にしたい。そのためにも、これまで通り「末広がり」の経営を推し進めていきたいと考えています。「末広がり」とは、閉塞感がない状態のことで、これによって社員にゆとりが生まれます。ゆとりをもって生きることができれば、未来に対して希望を持ち、ボランティア活動をしたり、環境問題などにも積極的に取り組むようになる。

大参事によって人々は絶望しています。しかし、ほんのわずかでも希望の光を見せられれば、彼らを挑戦的なファイターに変えることができるはずです。

希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。

希望とは、真実性について自己の名声を決して失うことのない万能のうそつきだ。

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる。

希望とは、めざめている夢なり。

人は希望的動物なり。彼にありては前を望むは自然にして、後ろを顧みるは不自然なり。希望は健全にして、回顧は不健全なり。

決して順風満帆ではなかったはずだが、回顧するとそのように見えるから不思議だ。いやな思い出を忘れることができるからこそ、人間は希望をもって生きられるものかもしれない。

希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ