ジョーク・小話・皮肉の名言格言一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々の改革者たちは、経験に向かって「お前は時代遅れだ」と言い、過去に向かっては「お前は未熟者だ」と言う。

「名誉を軽んじろ」と書物に書く人も、我が名をその書物に記している。

軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。

懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑はぬという信念の上に立つ者である。

広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。

優勝できなかったら、帰りの船から飛び込んで死ぬしかない。しかし自分は泳げる。さてどうやって死ぬか。
【覚書き:ロス五輪で惜しくも優勝を逃し、今度こそはと挑んだベルリン五輪直前の気持ちを振り返っての言葉。ベルリン五輪出場時22歳。ベルリン五輪では見事金メダルを獲得】

ぜひとも結婚しなさい。もし良い妻を得たならば、あなたは幸せになるでしょう。もし悪い妻を得たならば、あなたは哲学者になるでしょう。

結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる。【覚書き|結婚するかどうか悩んでいる人に向かってのアドバイス】

(裏切り者の弟子ユダの顔は)世界の創造主である神を裏切るまでに邪悪な顔なのです。難しいと思いますが、モデルを探し続けるつもりです。ですが、もし見つからなかったら、いつでも院長の顔がありますから。【覚書き:最後の晩餐の制作で、キリストを裏切った弟子ユダの顔をどう描いたものかと迷っていた時の発言。院長とはミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の院長のこと。同院長は、最後の晩餐の壁画制作中にダ・ヴィンチが筆を休め何時間も思索にふけることをサボっていると勘違いし叱った人物。ダ・ヴィンチのブラックジョーク】

10月は、株式投機にはとくに危険な月である。それ以外に危険な月は、7月、1月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月である。

アメリカ人は聡明だと言われている。たしかに多くの場合がそうだろう。ただし、話が株式投機以外の場合だったらね。

保険代理人が夫を亡くし悲しみに沈む未亡人に200万ドルの小切手を持ってきた。未亡人は涙いっぱいの目で小切手をじっと見つめた。
「夫を生き返らせてくれるなら、この小切手を喜んで返すわ…半分だけだけなら…」【アメリカのジョーク】

No tags for this post.

ある起業家が南の島に行った。その島はあまり開発されていなかった。
起業家は叫んだ。
「なんということだ!ここで先進国で一般化しているサービスを展開すれば俺は大金持ちだ!毎日、浜辺で寝ころんでいられるようになる!」
通りかかった現地人が不思議そうに聞いた。
「なんで今しないの?俺たちは毎日浜辺で寝ころんでるよ?」
【アメリカのジョーク】

No tags for this post.

父が息子に人生で成功する方法を教えようとした。
父親「仕事を見つけて働け。そして金を貯めるんだ。そうすれば将来、働かなくて済むようになる」
息子「でも、ぼく、いま働いてないよ?」

【アメリカのジョーク】

No tags for this post.

人には3つのタイプがある。「数えることのできる人」と「そうでない人」だ。【アメリカのジョーク。3つと言っているのに2タイプしかあげていないことに注目。人間をタイプ分けする人々を皮肉っている】

No tags for this post.

お金で幸せは買えないと言うけれど、ホントだろうか?試してみたいから小切手を送ってくれ。
【アメリカのジョーク】

No tags for this post.

W・C・フィールズに友人が金を借りに来た。
フィールズは言った「私の弁護士が何て言うか聞いてみるよ」
そして去り際にもうひと言「もし貸してもいいよと言ったら、別の弁護士を雇うことにするよ」

偶然の富が私にどういう影響を与えるかを調べる実験なら、どんなものでも喜んで実験台になるよ。

始業時間になっても出社しないので、上司が部下に電話した。
上司 「今日はどうして会社に来ないんだ?」
部下 「アメックスのカードを無くしてしまったんです…クレジットカードなしじゃ外出できないでしょ?」
【アメリカのクレジットカード社会に対するジョーク】

No tags for this post.

ニューヨークにある銀行が、ATMで株取引ができるようにしたそうだね。素晴らしい思い付きだ。強盗も自分のポートフォリオを多様にできるってことだ。

もし本当に「お金がものを言う」のなら、私には補聴器が必要だ。

No tags for this post.

馬鹿とお金はすぐに別れる。でも、そもそもお金と馬鹿はどこで出会ったんだ?
【米国のお金のことわざ・ジョーク】

No tags for this post.

フランスの偉大な王、ルイ14世が死去した際、パリのノートルダム大聖堂で壮大な国葬が行われた。パリの司教が演説台に上りただ一言言った。「偉大なのは神だけである」と。
【覚書き|絶対的権力者も死んでしまえば過去の人になってしまうという意味】

No tags for this post.

神様はもっとわかりやすい啓示を与えてくれるべきだ。例えばスイス銀行にぼく宛てにお金を振り込んでおくとかさ。

大きな岩をどけられずに困っている息子を、父親がニコニコしながら見ている。「パパ、だめだよ。重くてどけられないよ」
それを見て父が言った「全力を出せば動かせる。頑張るんだ!」息子はまた岩を押す。「だめだよ。全然びくともしないよ。全力を出したってダメだよ」
「まだまだお前は全力を出していないよ」「ボク、全力出してるよ」
最後に父はニヤニヤからかいながら言った「いいや。お前はまだ全力じゃない!『パパ手伝ってよ』って言ってないじゃないか!」

No tags for this post.

昔々、村娘が偉い坊さんに悩みを相談した。坊さんは答えた。「悩みをなくしたいなら、ただサルのことだけを忘れなさい」
一週間後、再び村娘が坊さんを訪ねた。「お坊様。どうしたらいいでしょう?寝ても覚めてもサルのことしか考えられなくなってしまいました。気になって1週間寝ていません。どうしたらいいでしょうか?」坊さんはニッコリして言った。「ほれ、一週間前の悩みが消えてなくなった」(他の事に意識を向けると悩みは消える。)

No tags for this post.

ビル・クリントン元大統領が大統領時代、ヒラリー夫人と田舎をドライブをしていた。給油しようとガソリンスタンドに立ち寄ると、ヒラリー夫人の元ボーイフレンドが給油係をしている。それを知ったクリントン元大統領がヒラリー夫人に言った。

ビル「僕と結婚してよかったね。」
ヒラリー「どうして?」

ビル「だって、あの給油係と結婚していたら田舎のさえないガソリンスタンドの奥さんだよ」

ヒラリー「バカね。わたしが彼と結婚していたら、彼が大統領よ」
ビル「・・・・・」

(アメリカのジョーク、出典不明)

No tags for this post.

女は10歳で天使、15歳で聖者、40歳で悪魔、80歳で魔女になる。

No tags for this post.

女は娘でいるうちは五月の花時のようだが、亭主持ちになるとたちまち空模様が変わる。

とげやアザミはひどく刺す。しかし、オールド・ミスの舌はもっと鋭く刺す。
【覚書き:アザミはキク科アザミ属の植物で茎に鋭いトゲがあり、触ると痛い。ノルウェーの侵略から城を守った花という理由でスコットランドの国花とされている。上記は言葉と棘の鋭さだけでなく、城を守ったという故事と独身を守り続けているオールドミスという皮肉もかけている】

ある山寺に、小鳥が頭にとまると有名なお坊さんがいた。友人がいない寂しい男が、そのお坊さんを訪ねた。「お坊様、どうやって小鳥が頭の上に乗るようになったのですか?やはり、修行して徳を積んだからですか?」僧は答えた「いやぁ、そんな大層なことではないよ。毎朝餌をやっているだけさ。そして、あんたみたいに取って食おうと思ってないからさ」男は自分が周囲から相手にされない理由を知った。(出展不明)

No tags for this post.

「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ