五島昇の名言・格言|事業は浮沈をかけた勝負

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業とは、最後は浮沈をかけた勝負である。
【覚書き:父、五島慶太の生き様から学んだ経営哲学について語った言葉】


五島慶太 五島昇 の経歴

五島慶太、ごとう・けいた。日本の経営者、官僚。東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。長野県出身。東京高等師範学校、東京帝国大学法学部を卒業後、農商務省と鉄道院で約9年間官僚として活動。その後退官し、武蔵電気鉄道専務、目黒蒲田電鉄専務、東京高速鉄道常務などを経たのち、東京横浜電鉄と目黒蒲田電鉄の社長となって実質的な経営権を獲得し、2社を合併し東京急行電鉄を発足させた。強引な事業手法から「強盗慶太」と呼ばれた。鉄道事業で優れた経営を行い同社を急成長させた。そのほか、運輸通信大臣、学校法人五島育英会理事長などを務めた。 五島昇、ごとうのぼる、東急社長・会長、在任中に東急ホテル・東急エージェンシー・東急百貨店・東急ハンズなどグループ主要企業を立ち上げる。日本商工会議所会頭。五島慶太(運輸通信大臣)を父に持つ

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ