加藤誠之の名言・格言|給料がGMの半分だったが一生懸命働いた

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタの給料は、GM時代の半分だった。朝は7時に出社して、夜は星を抱くまで働く。しかも休みは月に二日だけである。それでも酷使されているとは思わなかった。


加藤誠之 の経歴

加藤誠之、かとう・せいし。日本の経営者。トヨタ自販社長・会長。関西学院大学卒業後、日本ゼネラルモータース入社。その後、豊田自動織機に移り、のちに分離独立してトヨタ自動車になる自動車部門で働く。その後、トヨタ自販に移り、大阪・東京事務所長、専務、副社長を経て社長・会長。

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ