アントニオ猪木の名言・格言|全力でぶつかり、失敗し、それでも立ち上がってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

俺たちは、生まれながらに偉いのではない。全力でぶつかり、失敗し、それでも立ち上がって、また失敗し、やっと何かをつかんだかと思ったら、虚しくも朝の露。しかし、まだまだくたばらない。俺には欲があるんだ、夢があるんだと向かっていく。そうして、ちっぽけながらも、自分だけができる何かをつかんできた。


アントニオ猪木 の経歴

アントニオ猪木。日本のプロレスラー、実業家。参議院議員。新日本プロレスの創業者。横浜市生まれ。13歳で祖父に連れられ母・兄弟とともにブラジルへ渡る。コーヒー豆農場などで肉体労働を経験し、身体と精神の基礎を身につける。ブラジル遠征中の力道山の目に留まりスカウトを受け日本プロレスに入団。その後、アメリカ武者修行や東京プロレス入団、日本プロレス追放などを経て新日本プロレスを設立。日本の異種格闘技興業の基礎を作った

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ