正力松太郎の名言・格言|後悔や愚痴は時間の無駄

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はよく「愚痴をこぼすな、くよくよ後悔するな」と言っている。第一に時間の空費だし、体も弱る。それに周囲を暗くするから、これほど馬鹿なことはないと思っている。


正力松太郎 の経歴

正力松太郎、しょうりき・まつたろう。読売新聞社主。東京帝国大学を卒業し、警視庁に入庁。警務部長時代に虎ノ門での祐仁親王狙撃事件が起こり、責任を取り辞職。経営危機に陥っていた読売新聞の経営改革を任される。経営再建に成功し、読売新聞を大新聞に成長させた。読売ジャイアンツの前身であるプロ野球球団・大日本東京野球倶楽部、日本テレビの創設者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ