水尾順一の名言|問題を芽のうちに摘み取ることができる組織にするには

このエントリーをはてなブックマークに追加

現場で生じている問題やリスクについて、部下が何でも自由に話せる「風通しのいい文化」がなければ、企業が様々な問題を芽のうちに摘み取ることができず、重大事故を招くことになりかねない。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ