水尾順一の名言|上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは顧客の顔を見て仕事をするようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司が部下を支援し、権限を委譲すれば、彼らは上司の顔ではなく、顧客の顔を見て仕事をするようになる。逆に、上司がトップダウンで「これをやれ」「あれをやれ」と命令すると、部下は「指示待ち人間」になってしまう。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ