水尾順一の名言|部下と語り合うことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司が部下と語り合おうとしなければ、いくら高度なコンプライアンスの規定やマニュアル、行動指針をつくっても、それらはまさしく「絵に描いた餅」となり、社員はトップや上司の言うことに面従腹背するようになってしまうでしょう。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ