水尾順一の名言|企業の倫理観を高めるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンプライアンスは「法令遵守」と訳され、法令に違反する行為を行なわないことばかりに目が向きがちですが、この言葉の元々の意味は、「相手の期待に応えること」です。社員たちが日常的に行なっている「よいこと」をお互いに褒め合い、会社自体も社会に貢献する「よいこと」を率先して行なうことは、相手の期待に応え、企業の倫理観を高めるのに大きく役立つことは、いうまでもありません。


水尾順一 の経歴

水尾順一、みずお・じゅんいち。日本の経営学者。「駿河台大学大学院」教授。香川県出身。神戸商科大学(のちの兵庫県立大学)商経学部卒業、専修大学で経営学博士号を取得。資生堂に入社。コーポレート・デザイン室課長、経営企画部課長、ビューティーサイエンス研究所課長、企業倫理委員会事務局リーダ、駿河台大学経済学部助教授・教授、同大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ