渡辺捷昭の名言・格言|各部署間で議論を交わし、仲良く喧嘩することが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

意見と意見がぶつかり合い、火花が散ることも珍しくありません。しかし、議論をしているうちに問題意識が次第に共有され、部署ごとの垣根を越えてチームとしてベストの選択をすることができるのです。これを私は「仲良く喧嘩する」と呼んでいます。役員も常日頃からこの「仲良く喧嘩する」をやっています。常務や専務が大部屋に集まって侃々諤々(かんかんがくがく)議論を展開するのです。


渡辺捷昭 の経歴

渡辺捷昭、わたなべ・かつあき。日本の経営者。トヨタ自動車社長。三重県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、トヨタに入社。人事厚生課、総務部広報課、購買部、秘書部、経営企画部などで実務経験を積み、取締役、常務、専務、副社長を経て社長。そのほか財団法人道路新産業開発機構会長、慶應義塾評議員なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ