奥田碩の名言・格言|チャレンジを評価する社会を目指せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

果敢な行動を評価する価値観が作られれば、日本は大きく変わる。そうなれば、日本人はもっとアグレッシブになれるし停滞した闘争心に火をつけることにもなります。そもそも日本は競争をできるだけ避けてきました。運動会のかけっこでも順位はつけないなど、競争心を抑え込む教育をしてきました。安っぽい平等を追求した結果、やる気を失う子供が増えています。


奥田碩 の経歴

奥田碩、おくだ・ひろし。日本の経営者。「トヨタ自動車」社長・会長、経団連会長。三重県出身。一橋大学商学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。経理部、フィリピン・マニラ駐在、豪亜部長、北米事業準備室副室長、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本経営者団体連盟会長、日本経済団体連合会会長、内閣特別顧問、国際協力銀行代表取締役総裁などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ