松村厚久の名言|いったん仕事を任せたら、任せきる

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことは、いったん仕事を任せたら、任せきること。失敗してもいいから任せ切ることで、社員は成長していきます。ただし、責任は社長にあります。問題が起きれば助け船を出し、いざとなればすべての責任を負うのは、社長としての私の仕事です。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ