ユニデン(株)管理職十訓

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニデン管理職十訓

  1. 指示が正しくとも、それが正しく実行されないのは、指示の出し方が悪いということを自覚せよ。また、指示を出すからには必ず、最後の結果が出るまでフォローせよ。
  2. 自分で確かめることなく部下の言葉をうのみにし、それが失敗の原因となった場合は、部下を責めることなく自分の不注意を恥と思え。
  3. 部下に対し、過重な職責、またはタイトルを与え、それが失敗の原因となった場合は、部下の能力を責めることなく、自分の不明を恥じると同時に人事の重要性を知れ。
  4. 自分の部下の四分の一以上が平均点以下であれば、自分も管理職として失格と思え。ユニデンのモットーは小集団の大集団でありひとつひとつの部署が強力でなければならない。
  5. 素質のある部下に対しては年齢・経験にかかわりなく仮想重用地位を設定しそれに基づき鍛え上げよ。管理者は実務遂行責任者であると同時に、次の世代に対する教育係でもあり、これも管理職の最も重要な仕事のひとつである事を自覚せよ。ユニデンのモットーは「企業は人であり、人こそが企業である」。
  6. 部下の冠婚葬祭はもちろんのこと、個人的なことに関しても誠心誠意ことにあたり、面倒を見よ。とくに海外拠点の長は時に父親であり兄であれ。
  7. 部下の収入には十分に気を使うと同時に責任を持て。ユニデンモットーにあるように感情と勘定は仕事の両輪であり、とくに自分の部下の間で勘定に不公平またはアンバランスがあってはならない。正しい評価こそが部下との信頼関係を築く第一歩であることを認識せよ。
  8. 自分が忙しく、部下が暇な者は最低。部下が忙しく、自分が暇な者はまあまあ。自分も忙しく、部下がそれ以上に忙しいのが最高の管理職である。
  9. 事に当たるに際し、その成否が自分自身の生活に密着している事を自覚せよ。とくに取引の損得、現金の出入りについては自分の金ならこうする、会社の金だからああしたというのは管理職としてあまりにも無節操である。
  10. 「無事これ名馬」いかに優秀な者でも、病欠の多い者は管理職として不適格である。健康管理を充分に行い、常にベストな体調を持って仕事に臨め。

家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ