岡島悦子の名言|大きく差がつくのは、途中、修羅場の経験をしたかどうかということ

このエントリーをはてなブックマークに追加

役員になれる人と部課長止まりの人。その間に、若いうちから一見してわかるような違いはありません。大きく差がつくのは、途中、修羅場の経験をしたかどうかということです。


岡島悦子 の経歴

岡島悦子、おかじま・えつこ。日本のヘッドハンター。ハーバード大学でMBAを取得。三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務を経て、グロービス・グループのヘッドハンティング会社グロービス・マネジメント・バンクの立ち上げに携わる。同社社長を務めたのち、シンクタンクのプロノバを設立。世界経済フォーラムのYoung Global Leaders 2007に選出された。著書に『抜擢される人の人脈力』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ