小林弘幸の名言|疲れない身体を作るには、血流と血の質を良くすることが決め手

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れない身体を作るには、血流と血の質を良くすることが決め手。そしてそのためには、血流を司る「自律神経」のバランスと、血の質を左右する「腸内環境」を整えていくことが不可欠。


小林弘幸 の経歴

小林弘幸、こばやし・ひろゆき。日本のスポーツドクター。順天堂大学医学部教授。埼玉県出身。順天堂大学医学部卒業、順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科勤務。その後、順天堂大学小児外科講師・助教授などを経て教授に就任。著書に『「流せる人」は人生もうまくいく』『自律神経を整える 小林式3年日記』『快眠したければ「首」を緩めなさい』『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ