山海嘉之の名言|レンタルという形で使ってもらってデータを収集する

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、日本ではHALのような機器を開発した場合、まずは国などから補助金を獲得したうえで、いくつかの施設で実験的に使用してもらうことでデータを集めます。しかし、このやり方は時間がかかる。そこで私たちは、まずレンタルという形で医療・福祉施設にHALを提供し、データを集めることにしました。現在、国内外の約170施設から、個人情報を除いたデータが、毎日、研究開発施設のあるつくば市に送られてきています。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ