天野篤の名言|病気は火事と一緒で、ボヤの段階で手を打つのが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気は火事と一緒で、ボヤの段階で手を打つのが大事。症状が悪化してからでは、合併症の発生率も死亡率も高くなる。


天野篤 の経歴

天野篤、あまの・あつし。日本の医師(心臓外科医)。冠動脈バイパス術の専門医。年間500件の手術をこなし、98%の成功率を誇る日本屈指の心臓外科医。埼玉県出身。心臓病の父を治したい一心で心臓外科医を目指す。日本大学医学部卒業後、医師免許を取得し関東逓信病院(のちのNTT東日本関東病院)で研修医を務める。その後、亀田総合病院心臓血管外科医長、新東京病院心臓血管外科部長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長、昭和大学教授、順天堂大学医学部心臓血管外科科教授などを務めた。天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀したことでも知られている。著書に『一途一心、命をつなぐ』『熱く生きる』『この道を生きる、心臓外科ひとすじ』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ