土岐大介の名言|部下を褒めるときは同志目線で

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司は意思決定の頻度と重みが増すだけで部下より偉いわけではないです。だから、常に部下のいい面に着目して、そこに尊敬と感謝の念を持つ。いい仕事をしたら、「よくやったな」ではなく、「すごい、俺には到底できないよ」と同志的な目線での声がけがいい。


土岐大介 の経歴

土岐大介、とき・だいすけ。日本の経営者。「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」社長。筑波大学第三学群・社会工学類卒業、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学院オペレーションズ・リサーチ修了。日本鋼管、日興證券などを経て、ゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。ゴールドマン・サックス証券共同東京店長などを経て、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長に就任。著書に『絶対話力』ほか。そのほか日本証券投資顧問業協会副会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ