藤崎一郎の名言|人と人のつながりで欠かせない視点

このエントリーをはてなブックマークに追加

人と人のつながりで欠かせない視点、それは「あまり短期で考えるな」ということです。


藤崎一郎 の経歴

藤崎一郎、ふじさき・いちろう。日本の外交官。駐米大使。鹿児島県生まれ、神奈川県育ち。慶應義塾大学経済学部在学中に外務公務員I種試験合格。外務省に入省。米国ブラウン大学、スタンフォード大学に留学。在インドネシア大使館三等書記官、OECD代表部一等書記官、大蔵省主計局主計官補佐、情報調査局安全保障政策室長、情報調査局分析課長、経済局国際エネルギー課長、在英国日本国大使館参事官兼ロンドン総領事、外務大臣官房参事官、外務大臣官房在外公館課長、外務大臣官房会計課長、アジア局外務参事官、在アメリカ合衆国日本国大使館公使(政務担当)、北米局長、外務審議官、ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使、在アメリカ合衆国特命全権大使などを歴任した。そのほか日米協会会長、世界貿易センター東京副会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ