後田良輔の名言|人を褒める3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

人を褒めるときに押さえておきたいポイントは3つあります。

  1. 上から目線にならないこと。たとえ部下に対してでも、「上手だねえ」では、まるで子供扱いしているような印象になり、場合によっては逆効果に。対して、「俺のときよりすごいな!」などと自分を少し低めながら言うと、尊敬・感嘆がストレートに伝わります。
  2. 具体性を持たせること。「よくやった!」だけでは、何が良いのか相手に伝わりません。「3割アップとはすごい!」と数字を出せば、インパクトが強まります。
  3. 第三者を出しつつ褒めるよう意識すること。「部長も君を褒めていたよ」など、他の人の意見も交えると、説得力がぐっと上がります。

後田良輔 の経歴

後田良輔、うしろだ・りょうすけ。日本のビジネスコーチ、大手広告代理店営業マン。大学卒業後、大手広告代理店に入社。当初落ちこぼれ営業マンだったが、研究・実践によって累計30億円以上を稼ぐスーパー営業マンになった。大手広告代理店勤務の傍ら、自らの経験から得た仕事のノウハウを教えている。著書に『気配りの正解』 『ぶっちぎり理論38 落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!』『逆境を活かす!就活面接「エモロジカル理論」』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ