岡田正彦の名言|人間というのは自然に逆らわず「ほどほど」に生きているとき、最も疲れないようにできている

このエントリーをはてなブックマークに追加

本来、人間というのは自然に逆らわず「ほどほど」に生きているとき、最も疲れないようにできています。結局、「自然の摂理に逆らわず、ほどほどに」というのが、人間の健康のためには一番大事なのです。


岡田正彦(医学博士) の経歴

岡田正彦、おかだ・まさひこ。日本の医学博士。専門は予防医学、医療統計学。京都出身。新潟大学名誉教授。新潟大学医学部卒業。新潟大学医学部附属病院内科研修医、新潟大学医学部脳研究所神経生理学部門助手などを経て教授に就任。そのほか米国学会誌「IEEE Transactions on Biomedical Engineering」副編集長、学会誌「生体医工学」編集長などを務めた。著書に『薬なしで生きる』『がん検診の大罪』『死ぬときに後悔しない医者とクスリの選び方』『信じてはいけない医者 飲んではいけない薬 やってはいけない健康法 医療と健康の常識はウソだらけ』『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ