村上憲郎の名言|仕事で自信をつけるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに小さくてもいいから会社の中で自分で課題を発見し、それを解決する方法を自分で考え、行動すること。そして、「やりきった」という実感を得ること。それがいわゆる自信につながる。自信と言っても、「勝ち抜く」といった激しいものではなくて、「生き抜く」という穏やかな自信ですね。


村上憲郎 の経歴

村上憲郎、むらかみ・のりお。日本の経営者、システムエンジニア。グーグル日本法人名誉会長。大分県出身。京都大学工学部資源工学科卒業後、日立電子、DEC(米国の大手コンピュータ企業ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)を経て、ノーテルネットワークス(電気通信装置製造の多国籍企業)日本法人代表、ドーセント(米国の人材教育会社)日本法人社長などを経験したのち、グーグル日本法人社長に就任。豊の国かぼす特命大使。主な著書に『知識ベースシステム入門 やさしい人工知能 インフォメーションサイエンス』『村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける』『村上式シンプル仕事術―厳しい時代を生き抜く14の原理原則』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ